Tバックをずらして・・・

北九州市までいつも迎えに行くセフレは、
20代だけど10代に見えるくらい見た目が若いです!!
スレンダーボディに十分な膨らみの美乳です★
大人のおもちゃを買った後、

北九州市のよく行くラブホに行った時、

ロリロリですがかなりエロくてムスコはビンビンです。
まさに完璧。綺麗な肌と形も柔らかさも今だかつて味わったことのないような気持ちにさせる究極のバストでした。
唾液をたっぷり使ってジュルジュルと音を立てたフェラチオに興奮が高まったところで騎乗位に・・・
結局いつもどおり正常位で発射しました。
対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。
お互い攻めて攻められて最後は正常位で発射です。

G20サミット 迎える準備は万全 会場トイレを和式から洋式に、ホテルロビーも改装

 「終わったときに、『大阪でG20をやってよかった』と思ってもらいたい」

 6月28、29日に大阪市で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)。要人の受け入れ準備を進めるリーガロイヤルホテル(大阪市北区)で「リエゾン」を務める針辻真澄さんは話す。【写真でみる】G20に向け改装されたロビー リエゾンは組織間の連絡を意味するフランス語が語源。G20サミットでは、複数の国から宿泊客を受け入れる見通しで、ホテル側は国ごとにリエゾンを配置し、ホテルの到着から、モーニングコール、出国までの対応にあたる。

 サミット期間中は、参加各国間で、ホテルなどを舞台に2国間会談も断続的に開催される。急な2国間会談のサポートもリエゾンの役割。担当国の文化的背景や言語も学び、受け入れに備えているという。

 リーガロイヤルホテルは、系列のリーガロイヤルホテル小倉(北九州市)が2016年の先進7カ国(G7)エネルギー相会合のメイン会場となるなど、豊富な要人の受け入れ経験を持つ。

 同会合などでリエゾンを務めた経験もある針辻さん。自身が大阪府出身ということもあり、「日本初開催のG20が大阪で開かれるのは、大阪人としてうれしい。万全の準備でお迎えしたい」と話していた。

 ホテルでは、昨年11月にプロジェクトチームを発足。リエゾン以外にも全社員の3割にあたる約300人が語学研修にあたったほか、メインロビーも改装しサミットに備えている。

 一方、メイン会場となるインテックス大阪(大阪市住之江区)でも、要人たちを迎える準備が着々と進んでいる。昭和60年にオープンした、総展示面積約7万平方メートルの国内有数規模の国際展示場だが、築34年と古く、今回、サミット会場となる際、個室トイレのうち38室が和式トイレだったことが課題のひとつだった。

 サミットを機に、洋式への改修を進め、253室のうち9割以上が洋式に。混雑緩和のため、女性用トイレ16室と多目的トイレ1室の「トイレ棟」も新設された。「表に出ない部分だからこそ、快適に過ごしてもらいたい」と担当者。エアコンや防火シャッターの更新も行った。

 今回のサミットは、大阪にとっては、1995年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)以来の大型の国際会議。大阪を訪れる訪日外国人(インバウンド)は増加傾向だ。2025年の大阪・関西万博の開催が決まり、IRの誘致も進めるなかで、大阪の「おもてなし」の力が試される機会でもある。(鈴木俊輔)